NEWS

アウトドアコーデ紹介 LOOK BOOK No.1

2021年2月17日にスタートした、VERS-OUTDOOR-のラインナップはご覧いただけましたか?

海外古着であることに変わりはありませんが、視点をすこし変えて、

”自然に溶け込むモダンアウトドアスタイル ”

をコンセプトに、アウトドアファッションをより身近に楽しんでもらえるよう、アイテムをセレクトしています。

今回はバードウォッチングやハイキングにおすすめしたい、LOOK BOOK No.1をご紹介します。

バードウォッチングやハイキングというと、場所はやはり山の中や森の中ですよね。公園など候補にあるかと思いますが、やはり自然が多く歩いての移動がメイン。

そんな時におすすめなのが、LOOK BOOK No.1です。

最初は、コーデのポイントでもあるダウンベスト。
共に80年代ごろのアイテムです。

屋外は気温が上がったり下がったりということが急にあるので、軽めのアウターがあるだけで安心感が段違いですよね。

そして、何故ダウンベストなのかというと。
①脱いでもかさばらず邪魔にならない
②腕回りに布がないのでとっても動きやすい
③蒸れは外に放出し芯は温かい!汗冷えせず快適
という、暖かくなってきた時期にとっても便利なアイテムだからなんです。

シャツやカットソーの上にさっと羽織るだけでなので、レイヤードが苦手!という方も無地のダウンベストなら取り入れやすいですよ♪

そして歩く際に大事な足元についてです。
革製のマウンテンブーツは、長時間山の中や森の中を歩く時におすすめ。

どちらもハイカットなので足首をしっかりホールドして守ってくれますし、ソールがしっかりしており程よい重さがあるので、長時間歩いていても疲れにくい作りなんです。

革特有の深みが出ているブラウンカラーがとっても素敵なので、街中でもおしゃれに履きこなすことができますよ。

ゴツめの印象があるマウンテンブーツですが、深みのある革製ブラウンのものなら、ショートブーツ感覚で気軽に取り入れていただけると思います!

そしてインナーはトレンドカラーの長袖シャツをチョイスしてみました。

山の中や森の中を歩くなら、虫除け紫外線避けに軽い長袖のシャツが過ごしやすいですよ。
ちょっと暑いかな?という時は、気軽に袖をまくれるのもシャツだからこそですよね。

この春夏のトレンドカラーであるイエローやピンク、ベージュは、着やすいシャツで取り入れてみるのがおすすめです。
ぱっと顔回りが華やかになって、 旬の顔といった印象になりますよ。

ピンク系のシャツにちょっと抵抗がある…といった方も、肌なじみのいい少し落ち着いたやわらかなトーンのものなら男女問わず取り入れやすいと思います!

柔らかい印象にもなって良いことずくし!
是非取り入れてみてくださいね。

アウトドアシーンはもちろん、日常使いやおしゃれ着にもなる万能アイテムです。

バードウォッチングがハイキングの際におすすめなのが、ツバ付きの帽子です。

何故かというと、紫外線や日差し除けにもなりますし、木々の中を歩く際に気を付けたい頭上からの落下物(木の枝や実、虫など)からも守ってくれるからです!

特におすすめしたいのが、あご紐のついているサファリハット。
首にかけることができるので、風に吹き飛ばされる心配もないんです。

また、黒やアースカラーの帽子を選べば、街中でもカジュアルなアイテムとして取り入れられます。
Tシャツやパーカースタイルはもちろん、ジャケットやシャツに合わせても。
女性なら軽やかなナチュラル素材のブラウスやワンピースとも意外と相性がいいですよ。

また、このコーデに合わせているレザースカ―トもVERSにて取り揃えています!
長さや切替が異なるものが数種類ございますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

レザースカートとというと、伸縮性が少なく動きにくい、という印象をお持ちの方も多いと思いますが、VERS-OUTDOOR-にラインナップされているレザースカートは意外と動きやすいんです。

その秘密は、後ろスリット!
歩くとスリットがしっかり開いて、動く際に不自由さを感じない作りになっています。

レザーなので生地がしっかりしていますし、バードウォッチングや軽度のハイキングなら、レザースカートちょっとおしゃれなコーデもおすすめ。

 * * * * *

VERS-OUTDOOR-がおすすめするLOOK BOOK No.1は、バードウォッチングやハイキングに焦点をあてたスタイルでした。
なんだか森や山へ歩きに出かけたい気分になってきませんか?

バードウォッチングをするなら、服装は原色ではないものにするといいこととあるかも?
自然に馴染むアースカラーでまとめた方が鳥が少し長く近くにいてくれるかもしれませんよ。

次回は、また別のワクワクするアウトドアスタイルをご紹介します。